選び方について

学資保険に限らず保険商品には様々なタイプがあります。
そのため学資保険の選び方には注意が必要です。
基本的な学資保険の選び方として、貯蓄型か保障型かの選択があります。
貯蓄型のメリットは満期時の元本割れがない点と確実に資金が溜まる点です。
一方で保障型の学資保険は元本割れすることが多いですが、生命保険のような手厚い保障が魅力です。
また重要な学資保険の選び方として、満期時をいつに設定するかがあります。
一般的には大学卒業年齢である22歳が満期になる学資保険の選び方がありますが、高校卒業年齢である18歳で受け取るタイプも有用です。
つまり子供の教育費として大学進学時に最も資金が必要になるというデータがあるためです。
ただしこの点に関して言えば、祝い金などが中途に支給される商品にする選び方があります。
さらに忘れてはならない重要な学資保険の選び方として、いつ加入するか?があります。
当然のこととして保険への加入期間が長ければ1回当たりの支払金額が少なくて済みます。
最近は子供が生まれる前から加入できる学資保険もあるので、結婚を機に、子供の教育方針と同様に学資保険の選び方を考えるなど、ライフプランニングを企てることが大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP