返戻率について

世の中は儲け話ばかりあるわけではありません。
自分に都合の良い話があれば、ちょっと冷静になることが大切です。
これが損をしないための方法でもありすが、時に保険に入る際にも充分な注意が必要です。
例えば学資保険のケースでも、気をつけないと満期金が積立額より少なくなることがあります。
これは保険会社が悪いわけではなく、返戻率の問題です。
例えば通常の積み立てていくだけの学資保険であれば、総積立金額と満期金との比率である返戻率は100%を超えます。
つまり学資保険に入った方が得をする?ということです。
一方で昨今は様々な特例が付き、子供の病気や怪我に際して保険金が下りるタイプの学資保険もあります。
このような生命保険型の学資保険の場合には、保険会社としてもリスクがあるので、返戻率は低めに押さえ100%に達しないケースがほとんどです。
ただし子供が病気などになれば結果的に得をする?と言い換えることも可能ではあります。
もちろん学資保険を含めて保険を掛けるということは万が一に備えるということなので返戻率だけで判断すべきではありませんが、逆に返戻率のマジックに隠されて、重要な条件を見落とすことがないように注意して保険の契約をしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP