警察の対応

基本的には刑事事件でなければ動くことのできない警察。

通常の金銭トラブルは民事事件でしかないので、警察の介入する余地はありません。

ところが、相手が闇金であれば話は別。

金利が違法であれば、それだけで出資法違反となり、刑事事件になるのです。

そこで、闇金にかかわってしまった場合には、弁護士ではなく警察へ相談するのもまたひとつの手。

とはいえ、警察はあまり積極的に対応はしてくれないかもしれません。

よほど闇金被害への対策に力を入れているところならばともかく、そうでないのならばせいぜい話を聞いてくれる程度だと考えるべきです。

それでも警察へ相談へ赴くのは、闇金と話をする材料にするためです。

口ではどれだけ威勢のいいことを言っていても、やはり法を侵している人間にとっては警察は怖いところ。

いつ、どこへ行って、誰とどんな話をしたのかをきちんとメモに取り、闇金へ伝えましょう。

同時に、今後支払をしない意志と、取り立てをやめて欲しい意向とを伝えます。

それでおさまればよし。

おさまらないのであれば、いつどのような取り立てがあったのかを記録し、再度警察へと足を運びます。

そしてまた記録を取って、闇金へ伝える。

できれば写真や録音などの証拠も揃えていきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP