被害とは

闇金の被害は、注意していれば事前に防ぐことが可能です。

まずは、他の貸金業者が貸してくれないのに、審査不要だったり即日融資したりしてくれるような場合には、まず闇金です。

貸す側に立ってみましょう。

まっとうな貸金業者でもっとも怖いのは貸し倒れ、つまり貸したものが自己破産等の法的手続きにより返ってこないことです。

そのリスクをおかすということは、必ず何かがあります。

加えて、法改正によって現在はそのような貸付はできないことになっています。

店舗が確認できない、貸金業登録がない、借用時に返済口座を伝えない、あるいは返済口座が個人名義であるなど、企業としての本体が見えない場合にも闇金である場合が高いので、融資を受けない方が良いです。

契約時に、家族の連絡先や勤務先等をしつこく聞かれる場合には、闇金の被害が家族や会社へも及ぶ可能性が十分にありますから、やはり注意が必要です。

そして、もしも被害にあってしまったら、被害を最小限にするため、専門の機関に相談しましょう。

勤務先や家族に隠しておきたいと思うかもしれませんが、闇金相手ではそれが被害の拡大にもつながります。

腹をくくって周囲に協力を仰ぐことが大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP