自殺の原因

わが国では毎年3万人を超える人が自殺しています。
日本は海外と比べると相対的に自殺件数が多いとは言われていますが、これは統計のマジックです。
つまり医療技術の進歩により他の病気で死ななくなっている、または宗教的な縛りがない点も考慮して数字を見るべきでしょう。
一方で自殺の原因として、うつ病などの精神疾患を含めた体調の問題もありますが、少なくないのが経済的なトラブルです。
例えば事業に失敗して多額の借金を負ってしまった!死んで保険金を使おう?などと考える人もいますが、自殺のケースに保険金は下りませんのでご注意ください。
なお借金と聞けば闇金ですが、先に施行された改正貸金業法によって総量制限が行われたため、止むを得ず?闇金に手を伸ばす、結果的に自殺する?そんな悪循環も、死んでしまえば循環しませんが!散見されます。
もちろん闇金からお金を借りることはご法度ですが、仮に闇金から借りた場合は、法的に返済する義務はありません。
すなわち闇金自体が違法なので、違法に対してまともに相手する必然性はないのです。
当然良心的な義務感は発生するでしょうが、闇金を理由に自殺したならば、地獄の閻魔様は絶対にお許しにならないでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP