老人の被害

闇金の被害に遭いやすい人はどんなタイプでしょうか?バリバリに働いているビジネスマンも、交際費のために闇金に手を出すかもしれません。
しかし近年顕著になっているのは闇金の老人被害です。
もちろん老人であってもギャンブルや買い物の依存症になり、巷の消費者金融では借りられず、闇金に手を染めるケースはありますが、詐欺による老人被害も少なくありません。
例えば独居老人宅を訪問して高額な商品を売り付ける、または典型的な振り込め詐欺の被害に遭うケースであっても、自分の所持金の範囲内ならよいでしょうが、借金をしてでも支払ってしまうことがあるようです。
昨今はわざわざ闇金を紹介してくれる親切な押し売り?も報告されています。
老人は年金という確実な収入源があるので、闇金も担保を取りやすく、これが老人被害を増やしているようです。
時に老人被害の多くは、恥ずかしさや諦めから黙ってしまうことがあるので表面化しづらく、かつ深刻化しがちです。
忙しい現代社会では、高齢の親と別居することも止むをえないことではありますが、老人被害の理由のひとつとして、家に来て話相手になってくれたお礼?という身に詰まされる事件も起きています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP