登録番号について

貸金業を営むためには、国家資格である貸金業務取扱主任者の試験に合格した者を1名以上在籍させ、主たる営業所がある都道府県に貸金業者としての登録をする必要があります。
登録に際しては何らかの審査がありますが、貸金業としての登録が済むと、登録番号が交付されます。
つまり消費者金融を含めて正当?な貸金業者であるかどうか、言い換えると闇金かどうかの判断は、この登録番号の有無を調べることが一番です。
原則として広告などに貸金業としての登録番号が記載、提示されていない場合は闇金である可能性が極めて高いので注意しましょう。
一方で貸金業として登録すると、日本貸金業協会などに加盟することになるので、心配な方は、こちらに問い合わせて闇金かどうかを調べることが可能です。
ちなみに闇金の場合は適当な登録番号を掲載していることもあるので、日本貸金業協会のホームページから悪質業者(闇金?)を検索してみると安心です。
もちろん貸金業者としての登録番号を有して、一見まともな仕事をしているように見せかけ、後ろめたさのある人、多重債務者などを見つけると闇金に早代わりするケースもあるので借りる側の自覚が求められます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP