満期メリットとは?

「学資保険」は、定期預金と同じように満期日を設定し、満期日には満期保険料を受け取ることができます。

「学資保険」の満期は、被保険者である子どもの年齢が、満15歳か18歳かで設定されることが多かったのですが、進学率の増加にともなって、17歳から22歳くらいで設定されることが増えています。

大学進学の資金として考えるのならば、18歳満期が良いですよね。

このように、何を目的に学資保険に加入するのかを考えて満期日を設定し、同様に、満期時に受け取れる保険金を考えておけば、十分な額を蓄えておくことができるのです。

とはいえ、満期日の設定は、加入時の子どもが小さければ小さいほど難しいのも事実。

加入期間が長い方が、当然満期時に受け取れる保険金も多くなるし、22歳満期のプランであれば、大学入学金がもらえるなどのメリットも。

けれど、子どもが大学へ進学するかどうかもわからないので、メリットがそのままデメリットになってしまう可能性もあるわけです。

長期の加入になる場合、満期を迎える前に解約した場合の返戻金についても確認しておくといいでしょう。

払込累計額と祝い金+返戻金の額が同等になっていれば、途中解約も視野に入れられます。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP