法律について

日本には貸金業法と呼ばれる法律があります。
これに従えば、10万円以下の借金に対しては最大年20%、100万円以上借りた場合であっても最大年15%の金利しか課すことはできません。
言い換えると、これを超える利率を提示しただけで、その貸金業者は法律違反!すなわち闇金になります。
もちろん先の法律改正により総量規制を強いられた人であれば、止むを得ず?
闇金に手を出すケースもあるようですが、過剰な利息を求める業者は、業者を守る?法律でもある貸金業法の範疇から除外されるため、違法集団にまともな対応をする必要はない!
つまり闇金からお金を借りた契約自体が法律上は無効です。
そのため闇金で困っている人は、取り急ぎ弁護士などと相談しましょう。
トラブルの解決は法律を熟知する人にお願いするのが一番です。とはいえ人それぞれ良心があるので、借りたものを返す!という同義的な問題は残ります。
それは今後の人生を正す!二度と借金をするような生活はしない!と心に決めることで、心の返済に充当できるでしょう。
なお闇金からの取り立てが怖くて多額の支払いを続けている人、これは闇金、そして犯罪に加担していると解釈されてしまうので、直ぐに止めましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP