母子家庭では支払いが難しい

男女雇用機会均等法が成立しても、実際には女性の方が賃金は低くなりがちです。
すなわち母子家庭の生活は厳しいのが現状です。
ただし父子家庭は社会制度が不備なので、別な意味の不満があるようですが、経済面を考慮すれば母子家庭に支援を厚くする!当然のことでしょう。

そこで母子家庭なら考えたいのは学資保険です。
もちろん夫が不慮の死!それで母子家庭になったのであれば、学資保険は保険料の支払いが免除されると同時に満期金も受け取れます。
そのための学資保険です。
一方で離婚して母子家庭になったなら?元夫名義の学資保険はどうなるか?
相手次第です。
したがって離婚時に学資保険の名義を親権保有者に変える?
それも可能ですが、母子家庭の少ない収入で学資保険を支払い続けられるか?不安もあります。
ベストの策は、別れた夫が養育費として学資保険を継続する!でしょうが、何処まで履行されるかは疑問です。

ちなみに他の保険と同様に、学資保険も一度解約してしまうと元本全部は戻らないので注意しましょう。
可能な限り学資保険を優先する!
元配偶者に恨み?はあっても、子供に罪はありません。
最後まで子供への責任を全うする!それを認識するのも学資保険の役割です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP