暴力団排除条例について

暴力団排除条例が各都道府県において施行されましたが、これで本当に暴力団から守られるのか?
警察が駆けつける前に被害を蒙る!そもそも警察は事件が起きないと動けないので、本末転倒のような規則を市民に押し付けている!との訴えが多々あるようです。
一方で暴力団が闇金をしている場合、もちろん一般の人に接点はないでしょうが、間違って誘導されてしまった、もしくは借金で首が回らなくなり、行き着いた先が闇金、それも運悪くバックに暴力団がいた!最悪の結果です。
目玉を売れ!という脅し文句がありましたが、当然身体で返す必要はありません。
なお暴力団であっても闇金の商売をしているのであれば、商品である債務者、これを痛めつけるのは得策ではありません。
つまり相手が怪我をして働けなくなれば、取り立てもできなくなるからです。
そのため暴力団の名前をちらつかせて怖がらせる闇金には、冷静な対応が求められます。とはいえ冷静ではないから闇金に手を出したのでしょうが、闇金地獄から逃れたいと本当に思うなら、まずは弁護士などと相談しましょう。
一度綺麗に精算し、まっとうな生き方をする決意ができれば、闇金や暴力団と縁を切ることはいつでも可能です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP