支払いでの負担

学資保険は授業料などを支払ってくれるものです。
これはとても便利なものです。
学校に通わせるのも無料で行えるものではありません。
どうしてもお金がかかってしまう部分がありますから、この点は仕方ない部分なのですが、その学資保険の負担がとても大きいものになってしまっているという人もいるかもしれません。
保険は任意のものですので義務ではないのですが、いざの時の事を考えるとしっかりと手続きしておきたいとは誰もが思うのではないでしょうか。
それもそのはず、「いざ」はいつ起きるか解りませんからね。
ですが、学資保険の支払いのおかげで気付いたら債務整理を考えるような状況になっていた…となると話しは別です。
債務整理は決して犯罪などではないのですが、借金解決のものになりますので、その後の生活に支障が出る事になります。
クレジットカードも作れなくなってしまう可能性もありますし、預金口座を抑えられたり、あるいはローンが組めなくなったりしてしまいます。
ですから、学資保険も無理のない程度に付き合うべきでしょう。
特に今の世の中は何かと不景気で多くの人が不安に苛まれているでしょうから、仕方ない面もあるとはいえ、しっかりと考えましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP