携帯電話しか持たない闇金

危険な闇金か?はたまた、あまり商売繁盛していないだけのちっぽけな消費者金融か?? この違いをしっかり見極める事はとても大事です。
実際、なるべく存在感を出したくない闇金は固定電話を引かず、詳しい住所などもオープンにしていない事が珍しくありません。

そうした怖?い高利貸しを「090金融」と呼び、我が国に潜んでいる闇金の約9割がそうだとも言われています。
連絡先は携帯番号のみというパターンです。
噂によると、もともと大手の消費者金融に務めていた人が独立してやっていたり、中には現役のままサイドビジネスとして展開している人もいるとか・・・!?
そう思うと、ミナミの帝王の萬田銀次郎って真面目ですよね。
立派な事務所も構えているし、勿論固定電話だって引いています。
おまけに、美人探偵まで秘書みたいにしちゃって、ちゃんとビジネスとして闇金融を運営しているのです。

しかし、世の中には、銀ちゃんのような本当はいいヤツなんていう闇金は殆ど存在しないのが現実です。
少なくとも、携帯番号しか公開していない消費者金融には近付かない方が無難だと言えるでしょうね。

また、銀行系などの比較的安心して借りられる消費者金融では、借りる側も固定電話がなければ駄目だと言われる事がよくあります。
これは、自宅に固定電話を引いているという事は、少なくとも安住の地があるという事で、信用度を測る上で非常に重要な事なのです。

勿論、携帯電話だって、契約時には身分証明の提示が必要になる訳ですが、その後住所不定無職になっても、その電話尾使い続ける事は十分可能ですからね、090しか連絡の取れない相手というのは、貸す側にとっても、借りる側にとっても要注意という事になるようですね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP