損保ジャパンひまわり生命について

会社が合併した時に、それぞれの会社名を付け合せる、そういうパターンが多いようですが、合併が続くと名前が長くなり、逆に全く新しい名称にすると以前は何だった?と変に考えてしまいます。
そんな悩みを持っていた?生命保険会社に損保ジャパンひまわり生命があります。
損保ジャパンひまわり生命と聞くと、損保と生保のどちらなの?という疑問も出たようです。
なお損保ジャパンひまわり生命は、2011年10月に日本興亜生命と合併してNKSJひまわり生命になっています。
ちなみに損保ジャパンひまわり生命時代の学資保険は「ともだちくらぶ」と称する商品名でしたが、この学資保険は保障型の性格が強かったので戻り率は100%を切ることが少なくなかったようです。
他の学資保険と同様に小中高の入学時にお祝い金を受け取ることができ、契約者に万が一のことがあった場合、これには障害を負ったケースも含まれますが、満期時まで保険料免除、加えて毎年養育年金が支給されることになりました。
学資保険を検討される方にとってこの点は大きかったでしょう。
時に学資保険はいつ加入すれば良いのか?その解答は出来るだけ早く!です。
理由は契約期間が長くなり月々の負担が軽くなるためです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP