換金について

普通の闇金では、消費者の知識も増えてしまったことから、リスクが高くなってきています。

元金分も返ってこなかったり、銀行口座を凍結されてしまったりするからです。

そこで、高い金利でお金を貸すのをやめて、なんらかのモノを介することであくまで「換金」の体を整える場合が増えています。

一見すると闇金には見えず、貸金業法でも範囲外となってしまうことから摘発が非常に難しいのです。

現在多いとされているのが、クレジットカード現金化。

自己破産者ではクレジットカードは持っていないけれど、多重債務者であればクレジットカードを持っていることも多いものです。

そこで、お金は貸せないけれども、クレジットカードで指定商品を購入してくれればその商品を現金で買い取りますよ、というもの。

もちろん買い取りの価格は購入価格よりもずいぶんと安いのだけれど、少しでも当座のお金が欲しい消費者はそこに乗ってしまうわけです。

また、金券ショップを装った同一手口も多く見られます。

チケットを料金後払い購入させて、それを指定の金券ショップで売らせ、後日チケット代金を払わせる。

もちろん、チケットを売りつける業社と金券ショップはつながっています。

こうしてモノを換金させる手口が多いので注意しましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP