必要性について

学資保険は子供のいる家庭では必要性が高い保険商品と言えます。
特に保障型の学資保険であれば生命保険の代わりとしても使えるので重宝します。
しかし子供のために資金を確保するという観点からすると、学資保険の必要性はそれほど高いとは言えないでしょう。
つまり預貯金として必要金額を確保しておけばよいためです。
一般的に学資保険よりも銀行の定期預金などの方が利率は良い傾向にあります。
では学資保険の必要性とは何でしょうか?それは人間が弱い存在であり、また必要に迫られた場合、預貯金だと簡単に崩すことが可能なためです。
一方で学資保険ならば、万が一の場合は保障が受けられ、さらに預貯金のケースよりも解約が面倒なことが多いので、意思の弱い?人にとって学資保険は有用な資産管理方法であり必要性が高いと言えるのです。
もちろん学資保険に加入することにより、その資産の目的が明確になり、親の自覚につながると同時に、子供に対して、直接見せなくても、親の気持ちを伝えるものとして必要性は大きいでしょう。
なお学資保険の契約に際しては、既存の生命・損害保険などと内容が重複しないように、その必要性に応じた商品を選ぶことが重要です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP