張り込みについて

テレビドラマは誇張して描かれていることがほとんどでしょう。
フィクションであり実在する団体とは違います!との但し書きが示されますが、警察や弁護士、裁判官などの名称が登場すれば、知らない人は、こんなことがあるんだ!と本気にしてしまいます。
そのため闇金の問題に関しても、テレビで見たことを現実?と考えてしまう人が少なくないようです。
特に闇金からお金を借りている人は、ただでさえ後ろめたさがあるので、被害妄想、意識過剰になり、誰かが監視している、張り込みをされている?などと思ってしまうようです。もちろん闇金の相手にもよりますが、それほど大きな組織ではない限り、そしてよほどの大金を借りた場合を除いて張り込みが行われることはないでしょう。
言い換えると闇金も商売です。
張り込みをする人件費を計算したら?やはり数百万円以上の見返り?があるケース以外で張り込みはしないでしょう。
一方闇金の債務者、その人に返済能力があるのか?それを見極めた上で、張り込みは実施されます。
闇金自体は違法であり、無理な取り立ては脅迫罪になり、不必要な張り込みはストーカーにも該当するので、心配な方は、勇気を出して警察や弁護士に相談しましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP