対処とは

闇金にはかかわらないことがいちばんですが、もし闇金からお金を借りてしまったのならば、上手に正しく対処していかなければなりません。

まずして欲しいことは、弁護士への相談です。

地域で無料相談を設けている場合も多くありますから、とにかくまずは誰か弁護士へ相談してみましょう。

違法な貸金であると判断できれば、あなたに返済の義務はありません。

たとえ元金を返済していなかったとしても、違法な貸金に対して返済の義務はないのです。

(もちろん、人として元金は返すべきですし、最初からそれを目的としていた場合には詐欺罪に問われます)

おそらく、弁護士へ相談すれば、今後一切の返済を断るように言われることでしょう。

弁護士へ相談しなかったとしても、これは同じです。

相手が違法な金利で貸付を行っているのであれば、どんなに執拗に取り立てをされようとも、一切の返済を断ります。

このとき、電話が親兄弟や会社へもいくかもしれませんから、事前に事情を話して協力を仰ぎましょう。

あとは、もちろん予算の関係もあるとは思いますが、できるだけ弁護士等の専門家に委ねることです。

振込指定の銀行口座があるのならば、その口座を凍結してしまうことも可能です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP