学資金について

子育てに要する費用を計画的に貯める方法として銀行などの定期預金がありますが、保険会社などが販売する商品である学資保険もひとつの方法です。
ちなみに学資保険は基本的に子供の教育費などに使うことが目的として積み立てるものなので、満期時に受け取るお金のことを学資金と呼ぶことが多いようです。
一般的な学資保険は、単純に毎月一定額を積み立てていくものなので、学資金は初めの契約時に決められた金額を受け取ることになります。
通常であれば、学資金として200万円から300万円程度を受け取れるようなタイプの学資保険が選択されるようです。
この金額であれば、18歳の大学進学時であっても充分な学資金と言えるでしょう。
一方で特殊なタイプの学資保険として、子供の病気や怪我などに対応してくれる生命保険のような種類もあります。
こちらの学資保険のケースでは特約が付くため、満期金として受け取れる学資金の額が積立総額よりも少ないケースがほとんどです。
どちらの種類を選ぶか悩むものですが、家族の将来計画やその他の収入状況などを含めて事前に保険会社の担当者などと相談するとよいでしょう。
ただし保険はあくまでも万が一に備えるものであるということを念頭に置きましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP