学資保険は貯蓄です

義務教育は当然無料ですが、昨今の不景気を反映して、現在は公立高校の授業料が無償になっています。
それだけ各家庭の経済状況が厳しいのでしょうが、言い換えると高校は半ば義務化?9割以上の人が通っている現状を鑑みれば、結果的に国家の繁栄につながるため、高校は完全無償!とすべきなのでしょう。
とはいえ国家財政の破綻につながるので、個々人で何らかの備えも必要です。
 そんな際に役立つのが学資保険です。
学資保険は一種の貯蓄です。
ならば銀行の定期預金でよいのでは?と思いがちですが、預金は簡単に取り崩せます。
一方で学資保険に限りませんが保険を中途解約するとマイナスになるので、そこで考える!この点が学資保険のメリットです。
さらに最近の学資保険には医療補償などもセットされているので、子供の病気や怪我に使えて便利な保険商品です。
 なお学資保険は、子供の成長に合わせて、具体的には中学や高校の卒業時にまとまった保険金が得られる!これは嬉しい限りです。
そのための保険ですが、特に大学の入学金などは国立であっても高騰しているので、子供が小さい間に準備しておきましょう。
ただし親の保険内容と重複はないか?加入前に必ずチェックしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP