学資保険の特徴

「学資保険」は、別名「子ども保険」ともいって、保護者が子どものために入る保険のこと。
保険といえば、医療保険や死亡保険などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんね。

分類としてはそれらと同じ、生命保険に類するもの。

「学資保険」を子どもの教育費を貯めるための定期預金だと思っている人も多いのだけれど、実はちょっと違うんですね。
「学資保険」は、あくまで生命保険なので、もし契約期間中に契約者(つまり保護者)にもしものことがあった場合に保険金を受け取ることができたり、以後の保険料が免除されたりと、万が一に備えることができるのが最大の特徴です。

もちろん、「学資保険」にも様々な内容のものがありますから、保障の内容は一律に決まっているものではありませんが、概ねそういった保障がついています。
それなのに定期預金のような感覚があるのは、満期時には払い込んだ保険料と同じくらい、商品によっては払込累計額よりも多くの学資金を受け取ることができるから。

医療保険などに比べると、圧倒的に戻り率が高く、貯蓄性が極めて高い。
保護者の万一に備えながら、子どもの将来のためのお金を蓄えていくのが、学資保険の特徴なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP