嘘の告知

正規とは異なる事象をまとめて闇の世界と呼ぶことがあり、金融業界における闇の組織?を闇金と称することがあります。
闇金は、通常ではお金を借りることができない人をターゲットにしていることが一般的であり、藁をも縋る思いで辿り着いた人に対して、さらに追い討ちを掛け、あり地獄のように引きずり込んでいきます。
時にその手法として嘘の告知があります。
つまり闇金であっても何らかの宣伝が必要ですが、その際に、無担保、保証人不要、低金利、即日支払い、などの嘘の告知をします。
もちろん当局から指摘されれば、事実である旨を説明し、実際にそうならなかったのは、借りる側に何らかの問題があり条件が合わなかったので有担保にした、金利を上げた!などと説明し、闇金ではない、嘘の告知ではない!と主張します。
なお法律に詳しい弁護士などであれば、嘘の告知は法律違反であり、根拠不十分と指摘できますが、借り手の多くは素人であり、後ろめたさがあるので、泣き寝入りしてしまうことが多いようです。
人それぞれ止むを得ない事情があり、嘘の告知とわかっていても手を出してしまいがちですが、闇金に一度頼ると二度と戻れない!と思いを強くすることが大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP