向いている人ってあるの?

物事には向き不向きがあり、これはお金の貯め方にも現れます。
昨今は少ないでしょうが、宵越しの金は持たない!かっこいいですが、家族は不安です。
特に子供がいる家庭なら、如何にして学費を確保すべきか?悩むものです。
そこで期待したいのが学資保険ですが、学資保険を利用するに際して、向いている人はどんなタイプでしょうか?
すなわち定期預金との違いです。

例えば学資保険に向いている人は、直ぐ預金に手を出してしまう人です。
学資保険の場合は解約すると元本が保証されないケースがほとんどです。
一方で心配性の人も学資保険に向いている人でしょう。
つまり銀行の預金は預けなければ増えませんが、学資保険は、通常親である契約者に万が一のことがあれば、保険のメリットとして、その後積み立てる必要がなくなり、かつ満期金が保険金の形で得られる!
もちろん学資保険の契約時には健康告知などが必須ですが、どうしよう?漠然と不安を感じて眠れない!パターンなら、学資保険に向いている人?と言えそうです。

ちなみに最近の学資保険は生命保険を兼ねる内容が含まれているので、今の時点で何らかの保険に加入していない人は、学資保険に向いている人になるでしょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP