口座にお金を振り込む闇金

今、大きな社会問題になっている振り込め詐欺!私は絶対に大丈夫!!っと思っている人ほど、案外あっさり引っかかったりするものだそうですからね、皆さんも十分気を付けて下さいね。

ところで、この振り込め詐欺ならぬ、振り込み詐欺というのがこの世には存在する事をご存じですか?正しくは「押し貸し」と呼ばれる闇金商法の一種で、ある日突然、自分の銀行口座に多額のお金が振り込まれているのです。
そしてそして、数日後に利息付きでそのお金の返済を迫って来るという手口。

ちょっと待って、でも、どこでどうやって自分の銀行口座や名義を調べたの?我々善良なる市民は、こうした素朴な疑問を持ってしまいます。
けれど、今の情報社会、プロに掛かれば個人情報の取得なんて朝飯前。
特に、ネットバンキングなどの口座をショッピングサイトやなんかに登録している人は要注意です。
知らない間にお金が引き出されている事さえなければ、私たちはすぐに安心してしまう部分があるのですが、印鑑も通帳も、暗証番号も不要な振り込みというのは、誰にだって簡単に出来てしまいます。

実際、こっそり入手した他人の銀行口座が高く売れるとかという噂話もあり、そうした地道に集めた口座情報を綴ったカモリストなるものまで闇金業界には出回っているそうですよ。

しかし、ある日突然自分の口座に振り込まれた現金自体は、「不法原因給付」と言って、法令上、黙って頂戴しておいても何の問題もありません。
勿論、もともと契約していないのですから、利息の支払い義務もないのが現状。
まあね、宝くじにでも当ったと思えばいいようなものなのですが、当然、元金の返済を拒めば、いろいろと災難に見舞われる事でしょう。

ですから、万が一、ある日突然思い当たる事のないお金が自分の銀行口座に振り込まれていたら、まずは取引先の金融機関を通して、きちんと調べてもらいましょう。
そして、危険な臭いがしたら、迷わず110番し、そのお金で弁護士などに頼んで、きっちりと片を付けてもらう事が何より大事なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP