受任通知について

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士は「受任通知」というものを債権者へ送ります。

これは、「弁護士が間に入って債務整理を行ないますから、取り立てはやめてくださいね」という通知。

これは法的にも意味を持つ正式な通知で、債権者は取り立てを続けることができません。

ただし、相手が闇金であれば、そう簡単にいかないこともしばしばあります。

もともと、法を守るつもりがないわけですから、取り立てが続いたり、弁護士事務所へ度々電話をかけてきたりすることもあります。

また、それ以前に住所等がわからず、受任通知が送付できない場合もあります。

所在地がわかってしまっては、自分たちが捕まるかもしれないわけですから、そこを伝えるわけにはいかない、となるわけです。

パターンは様々ですが、弁護士が間に入って交渉をしてくれることで、ほとんどの場合は闇金側が手を引きます。

法で争われると分が悪いからです。

ただ、弁護士にも得意不得意はありますから、できるだけ闇金への対応に慣れている弁護士へ相談することをおすすめします。

ちなみに、取り立てを止めるためだけに「受任通知」を送ることはできません。

あくまで債務整理をすることが前提ですから、他に借入があればあわせて法的手続きが必要です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP