取り立てについて

テレビドラマのように、かつて闇金の取り立ては恐怖を感じるものでしたが、現在では規制がかなり厳しくなったため、脅すような取り立てはほとんどなくなっています。
闇金業者としても、わざわざ捕まるようなことはしたくないので、紳士的?に取り立てるのが普通になっています。
もちろん精神的な脅しをする、器物破損などがあれば、弁護士や警察の力を借りることが大切です。
闇金から借りている側も疚しいことがあるので、正当な人たちの協力を頼むことに関して気が引ける点はありますが、新たな闇金の犠牲者をなくすことに貢献できるので勇気を出しましょう。
なお近年特徴的な闇金の取り立て方法は、頻繁に丁寧な電話やメール、そして訪問を繰り返すことです。
時に職場で丁重な訪問を受けることもあるようです。
このように精神的に追い詰めることが多いようですが、逆に借り手の精神に異常を来たされても困るので、その点は上手く加減されているようです。
ちなみに教えていないはずなのに親兄弟にまで督促の連絡が行くなど、不気味さを感じることもあるようです。
闇金としては全額を一括して返してもらうよりも、金利分だけ毎月取り立てる方が利益は大きいので、中途半端な取り立てにはご注意ください。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP