加入時年齢で保険金が変わる

保険会社によってバラバラ?保険の加入時年齢なども個々に調べておく必要がありそうです。
例えば6カ月未満は切り捨てて6カ月以上は繰り上げ、この場合には35歳5カ月なら35歳として、逆に35歳6カ月なら36歳とカウントされます。
また満年齢で計算するパターンもあるので混乱しがちです。
たかが1年の違い?とは言いますが、39歳と40歳など、区切りの年齢に達している人なら、そこで大きく保険料が変わるケースが想定されます。
そう考えれば、保険に入る時期を検討すべき!というのが理解できます。
 一方で生命保険や学資保険に関しては年齢制限が設けられているのが一般的です。
言い換えると高齢者には保険が限定されてしまうので、こちらも早めに決めておきたいものです。
 ちなみに保険とは、加入時年齢が低いほどメリットがあるものです。
つまり保険料の支払い期間が長くなくなるので1回当たりの金額が少なくて済む、保険料自体が割安になることもあります。
ただし自動車保険は低年齢の方が割高?これは運転経験が浅いため事故を起こしやすい!実際に若者の事故が多いためですが、昨今は高齢者の事故も増えており、60歳を越えると保険料が再び上がる商品も登場しています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP