内容を検討してから契約

どんなことであっても契約に際しては一呼吸、間を置く余裕が求められます。
本当にその内容で良いのか?無理やり契約させられていないか?注意しましょう。
保険の契約に関しても同様であり、この保険内容は今の自分に合っているのか?検討することが重要です。
 例えば生命保険の場合、独身ならば死亡補償に意味はありません。
逆に結婚後、特に小さい子供がいるなら、残された家族のために厚くするのが生命保険です。
一方で自動車保険についても、メカや地図を理解し、かつ運転に自信があれば、ロードサービスは必要ないでしょう。
 もちろん多くの人は保険に詳しくないので、お店の人やセールスレディ?などに奨められるまま加入しがちですが、一晩考える、家族や知人に相談するなどしたいものです。
基本的に一度契約したものを破棄する、クーリングオフはありますが、中途解約はキャンセル料?全額返済されることはなく、損失を生んでしまいます。
 なお保険に限らず契約時には細かい文字で記された約款があり、本来は熟読すべきですが、適当に流してしまいます。
とはいえ実際に保険を使う場面で、それは契約外です!と言われないように、最低でも口頭確認しておきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP