兄弟割引は2%得

少子化の影響?一人っ子も増えていますが、兄弟姉妹が多いと子供が将来社会関係を築く上でメリットがある?よく指摘されるものです。
一方で兄弟がいると別な意味でも得することが多々あります。
つまり学資保険にも兄弟割引があるなどです。
もちろん兄弟割引とはいっても、姉妹も使えます。

なお学資保険の兄弟割引にはいくつかの条件があります。
例えば契約者が同じ、かつ兄や姉の契約期間中に弟や妹の契約をすることです。
そのため兄の名義は夫、弟の名義は妻?とすれば兄弟割引は無効なので注意しましょう。

では兄弟割引を利用すると学資保険はどれだけ有利なのでしょうか?
保険会社毎に様々なパターンはありますが、一般的なケースは満期金10万円当たりで月々の支払いが10円安くなる!です。
たかだか10円?
だったら兄弟割引は意味がない!とほとんどの人は考えますが、塵も積もれば山となる!
学資保険は通常15年から22年、言い換えると180カ月から264カ月支払い続けるものです。
すなわち満期金100万円なら、18000円から26400円安くなる計算です。
約2%の金利に相当するので、低金利時代において、学資保険をどうしよう?と悩んでいる人にとって、これは馬鹿にならない金額です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP