個人情報について

お金を借りる時には、身元を証明する書類を提示するのが一般的です。
友人・知人から借金する場合には、既に何処の誰か?わかっているので具体的なものは不要でしょうが、それでも貸す側に個人情報が知られていることになります。
もちろん良心的な友人であれば、個人情報を悪用しませんが、違法な集団である闇金に個人情報が渡れば、大変な事態が予想されます。
まず第一に闇金からの取り立てがあるでしょう。
どこまで個人情報を得るかによりますが、免許証を使っていれば当然コピーされ、住所がわかります。
住所がわかれば電話番号を探り出すことは簡単ですし、そもそも借用証を作る際に電話番号を記載するでしょう。
そして勤務先が判明すれば、毎日のように職場に電話や礼儀正しい人が訪問してくる?
精神的な圧迫感は相当なものです。
なお闇金であっても、全うに返していれば何も恐れることはないですが、返済能力がある!と闇金業界で噂になれば、新たな闇金業者が有利な条件の融資を奨めに来る?
お互い仲間同士なので、ひとつが完済した直後に甘い誘惑があるようです。
一度個人情報が流れれば、取り返すことは原則不可能なので、何があっても後は無視する!これが最善策です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP