保障型について

学資保険も保険商品の一種なので何らかの保障が欲しいものです。
そんなニーズに答える商品が保障型の学資保険です。
各保険会社、そして商品により保障内容は異なりますが、基本的に親(契約者)が怪我や病気になった場合、または子(被保険者)に万が一のことがあった場合にも保険金が支払われるのが一般的です。
保障型の学資保険は生命保険に類似した保障プランが付加されていると同時に、満期まで何事もなければ満期金が受け取れる、さらに高校卒業時などの節目に祝い金が支払われるタイプもあります。
もちろん祝い金といっても、事前に契約に盛り込まれている満期金の一部が支払われているに過ぎないのであらかじめ確認が必要です。
このように保障型の学資保険にはメリットが多く感じられますが、当然の如くデメリットもあります。
保障型学資保険を契約する際に最も見落としがちな点は、支払総額よりも受取金額の方が少ない、つまり返戻率が100%未満、元本割れすることです。
これは保障型学資保険の場合、契約期間中に様々な保障が付いているので当然のことでしょう。
ただし生命保険の代わりに保障型学資保険に加入することでデメリットをカバーするという考え方も重要です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP