保険金と税金について

日本には納税の義務があり、思いもよらないものに税金がかかることがあります。
例えば万が一の保障である学資保険であっても税金の対象になるので注意が必要です。
つまり学資保険の種類によって中途で祝い金として保険金が支給されることがありますが、それまでの支払金額より受け取る保険金の方が多く、かつその差額が50万円以上の場合には税金の対象になることがあります。
ただしこのケースは事実上皆無と言えそうです。
また一般的に親である契約者が死亡した際に受け取る保険金に関して、契約者名義の関係上贈与とみなされると、贈与税としての税金の対象になるケースがあります。
さらに贈与税の対象にならなくても、高額の保険金を子供が受け取れば、その子に所得税が課されるケースがあり、そこまでいかなくても保険金が子供の所得とみなされれば、親の扶養から外れる可能性もあるので、学資保険の契約時に詳細まで検討しておくことが大切です。
学資保険は万が一に備えるものですが、その万が一の事態を日頃から想定しておくことも重要です。
ちなみに学資保険の掛け金は生命保険と同様に税金控除の対象になりますので、年末調整の際などに忘れないようにしましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP