保険とは?

保険とは、様々な用途で使われる語句ですが、ある意味では掛け捨て?何事もなければ結局は無駄!しかしまさかの時に役立つ?それこそが保険です。
言い換えるなら保険とは「安心」という商品です。
そのため保険には多様な種類があり、最も重要なのが自分の命、病気に関する生命保険、車の事故などで利用する損害保険、子供の教育費を貯める学資保険、昨今テレビCMでも話題のがん保険を含めた疾病に特化した医療保険などがあります。
ここまでは民間保険です。
 一方で日本は国民皆保険と称されるように、社会保険制度、いわゆる公的保険が充実していますが、医療機関を受診する際に治療費が減免されるのは健康保険です。
また失業時のために備えるのが雇用保険、勤務中の怪我や病気に使用するのが労災保険です。
ちなみに判断は曖昧であり多くの人は誤解しているようですが、通勤途上での怪我は健康保険ではなく労災保険になるので注意しましょう。
 保険は、需要があればどんな形でも作ることができます。
特殊な例は、イベントが雨で中止になった場合の補償をしてもらう保険、これは損害保険の一種になるでしょう。
あくまでも確率論の世界ですが、保険とは損失を最小限にするための手段です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP