主婦の被害

近年における多重債務問題を解決するために、貸金業者を規制する法律である貸金業法が改正されました。
改正の主なポイントは、多重債務の元凶と目される貸し出し金額に制限を設ける、いわゆる総量規制です。
原則として借り手の収入の3分の1を超える金額を、複数の貸金業者に跨ってはいても貸し付けることはできなくなりました。
言い換えると収入のない人は消費者金融などからお金を借りることができなくなります。
ちょっと考えれば当たり前のことですが、改正以前は夫の収入がある!ということで主婦も借りることができました。
しかし現在では夫の許可、収入証明が必要なので、事実上消費者金融から借りることができず、この改正で直接蒙る主婦被害は相当と言われており、ここから多くの闇金における主婦被害も生じたと指摘されています。
つまり貸金業法の対象外?である闇金に生活費を求めた主婦被害が増えたようです。
相手が闇金であることは借り手もわかっていることですが、消費者金融が貸してくれないので、ある意味不可避の事態です。
一方で買い物依存症により闇金に手を出す主婦被害もあり、こちらは自業自得ではありますが、事態はより深刻です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP