三井住友海上きらめき生命について

三井住友海上きらめき生命?どこかで聞いた会社名ですが、三井住友海上きらめき生命は現在存在しておらず、2011年10月にあいおい生命保険と合併して三井住友海上あいおい生命保険会社になっています。
名称にある「きらめき」は2001年10月に住友海上ゆうゆう生命と三井みらい生命が合併した時に付けられたものであり、一方で「あいおい」は2001年4月に大東京しあわせ生命と千代田火災エビス生命が合併した時に登場したようです。
なおこれらの各生命保険会社は子供のための学資保険を有しており、今の存続会社へと、それが引き継がれているようです。
ちなみに三井住友海上きらめき生命時代の学資保険には養育年金が付いたタイプI型と付かない?型があったようです。
またこの学資保険の特長として、他ではあまり見られない育児相談サービスが設けられていたようです。
看護師さんが担当していたようで、核家族が一般化して孤立しがちな若い夫婦にとってこの学資保険は様々な点からサポートが受けられ、重宝されていたことが伺えます。
とはいえ当時三井住友海上きらめき生命の学資保険は医療特約の付いた保障型の機能があったため、元本割れ、すなわち戻り率は100%未満だったようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP