ヤミ金からの借金で逮捕か!?

ヤミ金にお金を借りる事自体は犯罪ではありません。
しかし、そのヤミ金が返済代わりに迫って来る一つの美味しい話、これに乗ってしまえばたちまち犯罪者となり、逮捕されてしまう可能性も低くないのです。

その美味しい話とはズバリ、金融機関の口座買取りです。
実はオレオレ詐欺などに使われる口座の多くは、ヤミ金が債務者から買い取った口座で、その金額は、金融機関によって大きく異なります。

因みに、最も高値で売れるのは、実店舗を持たず、役所や警察が調査しにくいインターネット専業銀行!
ジャパンネット銀行や楽天銀行などで、業者によっては5万円という価格を提示するところも少なくありません。
一方、三菱東京や三井住友のような都市銀行は、大手であるが故の使い勝手の良さは否めませんが、その分、犯罪に使うにはリスクが高いというリスクは致し方のないところでしょう。
そこで、3万円程度としているところが最も多いようです。

ですから、インターネット銀行に口座があれば、労せずして5万円のお金が儲かる事になり、それを利息に充てる事で、容易にジャンプと呼ばれる一時しのぎが可能になる!
これがヤミ金が持ちかける美味しい話です。

しかし、その売った口座が犯罪に利用されれば、詐欺罪や犯罪幇助になり、仮にヤミ金自身が使っていたとすれば、一見安心のように思えますが、それは一番危険なパターン!
何故なら、自分もそのヤミ金の一味と見なされ、一斉摘発などがあれば、すぐさま警察から連絡が来る事になってしまうからです。

このように、ヤミ金の一味として逮捕される可能性も決して低くない口座の売買、背に腹わ変えられないという事で、ついつい話に乗ってしまいがちですが、それは見ず知らずのうちに自分だけでなく、娘や息子がいれば、その子を犯罪者の子にしてしまうのだという事を知っておきましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP