デメリットについて

学資保険を含めた保険商品は万が一に備えるものであり、多くのメリットがありますが、当然の如く、何事にも表裏があり、学資保険にも多くのデメリットがあります。
学資保険における第一のデメリットは元本割れの可能性がある点です。
一般的に保障型の学資保険は、契約期間内に様々なオプションが付けられるため、その分割高になり、最終的に保険金として受け取る金額が払い込んだ総額より少ない場合があります。
また貯蓄型の学資保険は元本割れのケースは少ないですが、通常の定期預金に比べると利率に該当する部分が少ないため、急激な物価上昇などの事態に遭遇すると満期時に必要な金額を確保できないというデメリットも考えられます。
さらに学資保険のデメリットとして保険契約者の健康状態や年齢制限などから加入できないこともあります。
なお学資保険は満期時にまとまったお金が入ってくるので、これが所得税の対象になることがあります。
この点は定期預金などと異なる学資保険の大きなデメリットのひとつです。
学資保険にはこのようなデメリットがありますが、ファミリープランを考えて、適切な保険商品を選択することが何よりも大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP