ダイレクトメールについて

個人情報保護が叫ばれる背景には、日々大量に送られてくるダイレクトメール(DM)の問題があるようです。
いったいどこで調べているのか?不思議に思うこともありますが、近年はダイレクトメールによる返答率が低下しているので、住宅街などでダイレクトに投函する方法も増えているようです。
なお郵送や宅配便などによるダイレクトメールの場合は、どこかに名簿があることは確実ですが、このような名簿があっても直接本人を確認しているわけではないので、変に心配することはありません。
例え闇金からダイレクトメールが届いても、自分に疚しいことがなければ無視して問題はありません。
ただし過去に闇金から融資してもらった経験があったり、自己破産した人であれば、闇金業者のデータベースに記載されている可能性が極めて高いので、自分を強く律して、再び闇金の悪夢を繰り返さないような努力が必要です。
ちなみにインターネットのメールもそうですが、闇金業者など裏の社会はこちらからの返答を待っています。
つまり「返答=所在確認」なのです。
そのため迷惑なダイレクトメールが毎日のように届いても、断りの連絡を含めて、こちらからアプローチしてはいけません。
無視が最大の防御法なのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP