ソフト闇金とは

ソフト闇金という言葉を知っているだろうか。

闇金には違いないのだけれど、従来の「取り立ての厳しい」イメージを払拭するために、柔和な態度によって消費者を安心させようという違法貸金業者のことを、「ソフト闇金」と言うのです。

取り立てがソフトなのならば、金利が少しくらい違法でも高くてもお金を借りたいと考える人もいるかもしれないけれど、それは甘い。

闇金は、高い金利を無理に払わせることで儲けを得ているのだから、そういつまでも優しいわけはない。

仕組みは、入口になる闇金が優しく貸す。

その後、その債権をまた別の闇金に転売する。

ある日突然、その転売先の闇金から激しい取り立てが始まるわけだ。

2010年6月、改正貸金業法が導入され、これまでよりももっとお金が借りにくくなったことから、こうしたソフト闇金に手を出してしまう人は増えるとの予測。

違法であると知りながらも、当座の現金が必要で借りてしまうようなケースは以前から多くあるわけだけれど、それを助長する結果になってしまう可能性が懸念されているのです。

闇金は、闇金。

闇金からお金を借りなければならないほど追い込まれているのであれば、闇金ではなく弁護士や行政へ助力を求めましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP