ゆうちょについて

郵便局の民営化について賛否両論あります。
これは国有の巨大金融機関を自由化することにより利益を得る人がいる一方で損失を蒙る人がいるからです。
もちろん郵便局、いわゆるゆうちょ時代から懇意に、時にメインバンク的な取引をしている人も多く、中にはゆうちょ学資保険を利用していた人もあるでしょう。
ちなみにゆうちょ学資保険とは、かつての郵便局が取り扱っていた学資保険のことであり、民営化後は事実上、株式会社かんぽ生命が取り扱っています。
なお学資保険は元々郵便局が始めた保険商品であり、ゆうちょ学資保険は学資保険の老舗と言うことができます。
そのため学資保険と言えばゆうちょ学資保険!と考える人がいてもおかしくはないのです。
さらにゆうちょ学資保険であれば担当者が身近な郵便局ということもあるので、利便性は高いようです。
昨今は様々な保険会社が学資保険を販売していますが、ゆうちょ学資保険であっても、条件面で劣ることはありません。
満期金の受け取り年齢や一時金を受ける年齢などの選択肢も増え、万が一保護者である契約者が死亡した時の保障も充実しています。
加えて、民営化したとはいえ、長い歴史に基づく安心感がゆうちょ学資保険にはあるようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP