やっぱり支払い義務はある

例え正当なサラ金であっても、不当なヤミ金であっても、お金を借りた事は事実で、借りたお金は返すのが常識!
誰もがそう思い、特にヤミ金からの借金については、厳しい取り立てに追い回されながら、必死に返済している人は少なくないでしょう。
勿論、どこから借りようが借金は借金で、返すのが通りというものではあります。

が、しかし、銀行やサラ金からの借金とは異なり、ヤミ金からの借金には、必ずしも返済義務はないという事をご存じでしょうか?
というのも、我が国の法律には、年利率109.5%を超える高金利の貸付契約については、その契約自体が違法であり、元々成立しないとされているからです。
従って、最初からなかった借金となり、返済の義務も生じないという事なんですね。
この事は、過去にすでに何例もが裁判によって証明されています。
しかも、多くのヤミ金は、無許可で高利貸しをしていますから、警察や弁護士が動けば、そっと身を引く事に徹しているとも言えるでしょう。

ならば、サラ金や銀行とは違って、ヤミ金は借り得ではないかと思い、手を出される方もいらっしゃるかも知れません。
けれど、それは絶対にしてはいけない事です。
何故なら、多くの場合、ヤミ金の契約書は交わすと言うより、単に署名捺印だけを取り、自社で保管されるからです。
そうなると、その契約書は、いくらでも自由自在に変更出来ます。
おまけに、こちらの手元には、最初とは話が違うという事を証明する証拠書類が一切ない訳ですから、警察や弁護士が乗り込めば、正当な金利で融資しているのだという契約書を見せ、事なきを得る事が出来るんですね。
そして再び、高額の金利と厳しい取り立てで追い回すようになります。

ですので、法律上は返済義務がないはずの借金ではあっても、現実は支払い義務が課せられていて、それも並の義務ではないと思っておかれた方が安全でしょう。
もっと分かりやすく言えば、ヤミ金の借金には返済義務はないが、支払い義務はあるという事です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP