かんぽについて

郵便局の民営化により保険業務は株式会社かんぽ生命に移管されています。
そのため学資保険もかんぽ生命が販売することになります。
商品名としては新学資保険(以下、かんぽ学資保険)と新育英学資がありますが、かんぽ学資保険の特徴は、万が一契約者である保護者が死亡した際には、その後保険料を納める必要がない点です。
もちろんかんぽ学資保険以外の民間保険会社による学資保険でも同様のサービスはありますので、この点は学資保険の最大のメリットであり、このことだけからでも学資保険に加入する意義はあるでしょう。
また契約内容によって子供の満期年齢が15歳、18歳、22歳から選べます。
さらにかんぽ学資保険では、中学校入学時である12歳、高校入学時である15歳、大学入学時である18歳、そして成人時である20歳に一時金を受け取れるタイプもあります。
ただしこの一時金を受け取ると満期金がその分減ることになるのは、かんぽ学資保険だけの例外ではありません。
なお特約の内容によって、子供が怪我や病気になった場合には保険金を受け取ることができますし、入院に際してもその日からお金が計算されます。
ちなみに満期金の設定は様々ですが、300万円が一般的なようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP