お祝い金は満期保険金の一部

学資保険は子供の学費、主に高校や大学入学時のお金を確保するためのものですが、満期金の受け取り方は一様ではなく、最終的な満期が22歳、すなわち大学卒業の時点であっても、その前に小出し?つまり高校や大学の入学時に分けてもらうことが可能です。
これを一般的にお祝い金と呼んでいます。

お祝い金と言っても、結局は満期でもらう保険金の一部を分割して支給される仕組みなので、学資保険はお祝い金があるからお得?これは間違いです。
とはいえお祝い金!がもらえて嬉しいことに変わりありません。
もちろん学資保険の種類、契約タイプによってはお祝い金がなく、最後に一括した保険金とする方式もあるので、それは契約者の判断に委ねられます。
家族のライフプランを考え、子供の成長段階でどれだけのまとまったお金が必要か?
素人判断が怖ければ、保険の窓口などにいるファイナンシャルプランナーなどに相談すれば、状況に応じた説明をしてくれるものです。
場合によっては学資保険よりも別の貯蓄法が有利になるケースもあるので、まさしくケースバイケースで選んでいくべきです。
学資保険はわかりにくい?しかし家族で真剣に考える場、絆を深めるひと時になるものです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP