金利15%まで課せられる

クレジットカードは便利ですが、その裏には仕組みがあります。つまりクレジットカード会社が儲からなくてはサービスの維持ができない!すなわちクレジットカード利用に際しては金利に注意しましょう。もちろん使用するクレジットカードによって異なりますが、一括払いなら金利ゼロ!を謳うケースがあっても、3回以上の分割払いになると急激に金利が上がり年率10%以上が一般的、最大15%まで課せられることになります。

なお通常の支払い方法であっても金利負担は大変でしょうが、毎月一定金額を返すリボ払いであれば、設定金額が低いと、毎月の返済金額の大半が金利分で占められている!唖然とする事例が少なくないので気を付けたいものです。

ちなみにクレジットカードは買い物以外にもキャッシングサービスがあります。こちらも金利は年率10%以上が当たり前なので、困ったからといってどんどん借りてしまうと返済が追いつかない!そのためにさらに借金をする?悪循環に陥りがちです。

いずれにしてもクレジットカードは借金の入り口であり、借金には金利が付き物です。それをまず念頭におくことがトラブルを防ぐ上で重要となり、それが無理なら一切近寄らない!方が身の為です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP