連帯保証人について

お金を借りる際や賃貸住宅の契約に際して連帯保証人を求められることがありますが、連帯保証人の責任の範囲は実際問題としてどこまでなのでしょうか?もちろん借りたお金を返すのは借主ですが、貸主は借主と連帯保証人のどちらにでも原則として督促することができます。
この点が一般的な保証人とは異なります。
つまり保証人は借主が何らかの理由により返済できない、または失踪した場合には、弁済に努めることが定められていますが、連帯保証人は単なる保証人ではないのです。
この点が複雑で、安易に連帯保証人になってしまう理由でもあるようです。
そのため連帯保証人は、借主の代わりに指定された期日までに指定された金額を支払う義務があり、それに遅れると延滞状態になり、延滞金が加算されることになります。
基本的には連帯保証人にならないことが大切ですが、どうしてもならざるを得ないケースも多々あります。
ただし連帯保証人であるからといって、その延滞金などの支払のために新たな借金をするのは止めましょう!今度は自分名義の借金が増えることになります。
連帯保証人とはいえ、元々は他人の借金ですので、例え延滞金払え!と脅されても冷静に第三者に相談することが大切です。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP