連帯保証人について

■連帯保証人って?

「連帯保証人」というのは、債務者本人と連帯責任を負うという保証人のことです。

単なる「保証人」とは異なり、連帯保証人は債務者本人とまったく同一の責任を負わなければなりません。

債務者本人がなんらかの事情で払えなくなれば、当然連帯保証人に支払の義務が生じます。

債務者本人が死亡した場合には免除になる場合もありますが、例えば債務者本人が自己破産して免責(=法的支払義務の責任がなくなること)されたとしても、連帯保証人まで免責されるわけではないのです。

■連帯保証人も自己破産ができる

もちろん、支払の責任だけが適用されるわけではありません。

連帯保証人も、自己破産等の債務整理をすることができます。

もちろん、債務整理をしなくて済むのならば、ちゃんと払うべきではありますが、どうしても生活していけないのならば自己破産も検討すべきです。

ただし、自己破産は「連帯保証人分だけ」なんてことはできません。

自己の財産すべての精算になりますから、十分注意しましょう。

債務者本人も連帯保証人も自己破産・免責決定した場合は、法的には借金返済の義務はなくなります。

貸した側からすれば大損ですが、それ以上取り立てることはできません。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP