資産の処分は?

自己破産では、ある程度価値のある資産は、すべて処分して換金し、債権者へ分配することになります。

手元に資産を残しておくことは、物でも現金でもできません。

資産隠しは当然罪に問われますから、急にバタバタと名義変更をしたり、預金通帳を隠したりはしないように。

さて、資産の処分ですが、「手元には1円も残らない」なんて思っているのなら、それは違います。

例えば、自家用車は大抵の場合処分されますが、パソコンやテレビなんかは、よほどでなければ手元に残すことができます。

貯金もダメですが、口座に10万円くらい残っているからといって、それも債権者へ渡しなさいとは言われません。

基準としては、現在は「時価20万円」が妥当なラインです。

これは、絶対の価格ではなく、時代とともに変わったり、地域や裁判所の最良にもよるところですが、だいたい、20万円以上で売れるものは手放しなさい、といったところです。

ただし、仕事に必要なものは別で、例えば農業従事者から耕うん機を取り上げると死活問題ですから、それは手元に残ります。

また、現金ならば、総額99万円までなら持てます。

生活再建に必要なお金、ということですね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP