時効という概念

自己破産には時効という概念はありません。
そもそも、自己破産は犯罪ではありませんので、時効という考えは無いのですが、自己破産の知名度の高さから、自己破産の事を誤解してしまっている人も多く、「自己破産はいつ時効になるのか」といった話が出るケースもあるのですが、先にもお話ししたように、自己破産には「時効」という概念はありません。
なぜそのような話しになっているのかと言えば、自己破産そのものではなく、自己破産によってブラックリストに掲載されてしまった「時効」の話でしょう。
自己破産を行うとブラックリストに掲載される事になります。
ブラックリストに掲載されてしまうとクレジットカードも作れなくなりますし、ローンを組む事も出来なくなります。
お金を借りるサービス全般を受ける事が出来なくなってしまいますので、とても大変なのですが、そのような困難がいつまで続くのか。
この点が大きな疑問という事で、「時効はいつなのか」という話しに発展しているのでしょう。
ブラックリストの掲載期間は7年から10年とされています。
自分自身でも確認する事が出来ますよ。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP