必要書類って?

■自己破産に必要な書類は?

自己破産に必要な書類は、ケースによって多少異なりますが、いずれにせよ管轄の地方裁判所へ行って書類をもらってこなければならないので、とりあえず行ってみましょう。

その時に、必要な書類について説明をしてもらえるので、質問があればその時についでに聞いて帰るのがいちばん早くて確実です。

◆だいたいみんな要るもの

・破産申立書
・免責申立書
・陳述書
・財産目録
・家計簿(最近2ヶ月くらいの収支状況)
・債権者一覧(どこから借りているのか)
・戸籍謄本(抄本不可)
・住民票(世帯全員)
・預金通帳のコピー(2年間くらい)

そんなに難しくはありません。

預金通帳のコピーは、提出の直前に通帳記入をしてから取りましょう。

期間が開くとダメです。

◆収入がわかるものは何か必要

給与所得者なら源泉徴収票や給与明細、年金受給者なら受給証明書、といった具合に、収入のわかるものを提示しなければいけません。

収入がゼロであっても、ゼロであることを証明するために非課税証明書が必要になります。

その他、自動車や、保険、クレジットカードなどについても提示を必要とするものがありますが、裁判所によっても異なるのでよく説明を聞きましょう。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP