延滞金について

お金を期日までに返さないと、当然相手に迷惑をかけてしまいます。
また、迷惑だけではなく、延滞金が発生してしまう事もあります。
税金の支払いなどのような公的なものの支払いの延滞の場合は利息や延滞金を取られる事もないでしょうが、ですが消費者金融やクレジットカードでの買い物など、民間でのサービスの場合延滞が重なると当然ですが延滞金を支払わなければならなくなってしまうのです。
その際の延滞金は利用約款に記載されてい利率となりますので、その額を支払わなければなりません。
稀に「知らなかった」と主張する人もおられるのですが、約款を読んだ上で契約を結んでいるはずですので、そのような言い訳は通用しません。
延滞金を支払わないと延滞金の額が膨れ上がるだけではなく、消費者金融機関で共有している信用情報、さらにはブラックリストにまで明記されてしまう事もありますので、気を付けなければならないでしょう。

延滞金はお金がなければ支払えないでしょうが、貸した側にとっては事情など知りません。
貸したら返してもらうという当然の主張を行っているだけですので、延滞する事のないよう心掛けたいものですね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP